バイクの免許を取って颯爽と走ろう

バイクにまたがって颯爽と走る姿は見ていても格好がいいものです。
バイクは性別、年齢を問わずに愛好者がいる乗り物です。
バイクに乗るにも、もちろん運転免許が必要です。
一番、簡単に取得できるのは原付免許ですが、これは学科試験だけで気軽に受けることができるので、16歳になったら、即、取得する人も多いです。
原付免許はスクーターに代表される50CCまでのバイクに乗ることができます。
原付は30キロを超えると速度違反になりますので、注意しなければいけません。
普通自動二輪小型限定免許では125ccまでのバイクに乗ることができます。
このバイクは二人乗りも可能です。
普通自動二輪の免許は400ccまでのバイクに乗ることができます。
普通、街で見かけることが多い大きなバイクは、ほとんどこの普通自動二輪で乗れる大きさのものだと思います。
この大きさのバイクだと高速道路も走れるので、世界が広がるのではないでしょうか。
そして大型自動二輪の免許はバイクの大きさに制限はありません。
外国映画に出てくるような大型オートバイにも乗ることができます。
大型二輪の運転免許さえ持っていれば、バイクなら何でも乗ることができると言えます。
ただし大型二輪は18歳以上でないと取得できませんので、注意が必要です。
普通自動二輪小型限定、普通自動二輪、大型自動二輪は、それぞれAT限定の免許もありますので、オートマチック車しか乗らないという人は、こちらのほうを取得すればいいですね。