運転免許にまつわる様々な手続き

自動車学校を卒業して、免許センターで学科試験を受けて、晴れて運転免許を手にできても、運転免許は更新など、様々な手続きがあります。
手続きをするのを忘れたままにしておくと、失効してしまうこともあるので、注意しなければいけません。
まずは住所変更をした場合は、速やかに新住所管轄の警察署か免許センターに行って、住所変更手続きをするようにします。
住所変更届けをしなくても、運転免許証は失効しませんが、更新手続きを知らせるハガキが免許証に記載されている住所に送られてきますので、住所変更届を出さないでそのままにしておくと、ハガキが届かずに更新手続きができなかった、ということにもなりかねません。
運転免許証を身分証明書として利用している人も多いと思いますが、住所が違うと、そういう利用の仕方もできません。
住所変更をしたら、できるだけ早いうちに変更届をしましょう。
住所変更の手続きには費用はかかりません。
変更届をしたら、裏面に新住所が記載されます。
忘れてはいけないのは、免許の更新手続きです。
運転免許証は一生有効なものではありません。
一定の期間が経過すれば、必ず更新をしなければいけません。
更新のお知らせは、ハガキで自宅に到着するので、期間内に管轄の警察署か免許センターに行って、手続きをしなければなりません。
運転免許証の色は、最初に交付されたときは緑ですが、最初の更新時に青に変わり、その後違反がなければゴールド免許が交付されます。