国際免許で外国の道を走ってみよう

海外旅行に行ったときなど、広い道路を自分で車を運転して走ってみたいと思うことがありますよね。
自分の運転で自分の行きたい場所に行くことができたら、団体旅行で時間に追われた旅行をするよりも心に残る旅になることでしょう。
海外で車を運転するときには、当然ながら日本の運転免許は通用しません。
しかし国際免許を取れば、海外旅行でレンタカーなどを借りて運転することが可能になります。
国際免許証は正式には国外運転免許証といいます。
国際免許証は警察署の運転免許課、運転免許センター、運転免許試験場などで申請します。
申請に必要なものは国内の運転免許証、写真、パスポートです。
費用は都道府県によって異なります。
運転免許センター、運転免許試験場で申請すると、即日発行されます。
警察署で申請した場合、2週間程度かかりますので、注意しましょう。
国際免許証を取得しても、全世界で車を運転できるわけではなく、国際免許証が有効な国が、あらかじめ決められていますので、旅行前に確認が必要です。
実際に海外で運転をすることになると、当然ながら道路事情や交通ルールが日本とは少し異なります。
旅行の前に、運転する予定の国の交通ルールを確認しておかなくてはいけないでしょう。
どの国で運転するときにも、安全運転を心がけるように気をつけましょう。
ガソリンスタンドの利用法なども日本とは異なり、セルフサービスが多いので、スムーズに利用できるように慣れておきましょう。