大型車の免許を取りたいときは?

どうせ自動車を運転するのなら、大型トラックのようなとてつもない大きな車を運転してみたいという人も多いのではないでしょうか。
ガテン系の仕事がクローズアップされたこともあり、大型車を運転するにはどうしたら良いのかと気になる人も多いことでしょう。
普通自動車の免許では大型車を運転することはできません。
大型車の運転免許を取得するには、普通自動車の免許か中型免許、または大型特殊免許を取得してから3年以上経過していることが必要です。
年齢は最低21歳からということになります。
大型車とは、車両総重量が11トン以上、または最大積載量が6500キロ以上、または乗車定員30人以上の車です。
もちろん、普通自動車とは感覚がまるで違いますので、教習所に入校して学科や技能の講習を受けて卒業する必要があります。
教習所を卒業すれば、次は実際に免許証を取得するために試験を受けるのですが、運転免許試験場では学科試験が免除で、適性検査だけで大型車の運転免許が交付されます。
しかしバスなどで乗客を乗せて乗務するためには、第二種免許を取得しなければなりません。
第二種免許は合格率が低いですので、ある程度の学習や技術が必要になります。
多くの乗客を安全に運ぶためですので、これも当然と言えるでしょう。
第二種の大型免許を所持していれば、路線バス、観光バスだけでなく、タクシーやハイヤーの運転もすることができますので、車種を特に選ばずに旅客を乗せて運転する仕事がしたいという人は、第二種大型免許を取るのが早道です。