旅行気分で免許取得ができる?

主に若い人に人気がある運転免許取得方法に合宿免許があります。
春休みや夏休みなどの、長期休暇を利用して、合宿をしながら集中的に免許取得のための教習を受けて短期間で教習所を卒業します。
宿泊所は近くのホテルや旅館を利用することが多く、そこが観光地であれば、旅行を兼ねて教習を受けることができます。
宿泊所に温泉旅館を利用すれば、毎日でも温泉に入浴することができます。
時間が空いたときにはレジャーも楽しむことが出来て、楽しみながら免許取得ができると評判です。
料金は教習代金と宿泊代金、それに食事代や交通費まで含んだプランになっていることが多く、通学するよりもかなりリーズナブルです。
友人同士で行くことができるプランや、一人旅で不安な女性のための女性専用校なども登場しています。
入学申し込みは、合宿免許を紹介しているホームページで行うことができます。
春休みや夏休みは、混雑することが多いので、なるべく早く申し込みをするほうが良いでしょう。
視力や年齢などの申し込み条件を確認してから申し込み、入校に備えます。
必ず必要なものは、本籍地記載の住民票、保険証やパスポートなどの身分証明書、印鑑、視力を矯正しなくてはいけない人はメガネやコンタクトレンズ、筆記用具などです。
後は予備のお金と旅行に必要なもの、動きやすい服装と靴を用意しておきましょう。
ある程度の期間、滞在することになるので、洗濯用具なども必要です。
なお、運転免許取得のためには、合宿免許で教習所を卒業しただけでは免許は交付されず、一年以内に自宅の管轄である運転免許試験場で学科試験と適性検査を受ける必要があるので、注意しましょう。