自動車学校入学から免許取得までの流れ

自動車などで道路を走る時には、運転免許が必要です。
運転免許を取得するには、まずは自動車学校を探すことから始めます。
自動車学校を見つけたら、入学の申し込みをして入校日を決めて時間割を確認します。
時間割を見ながら、都合に合わせて、受ける講座を予約していきます。
講習は、まず第一段階として、学科から始まり、模擬運転装置を使っての教習を受けた後、実際に自動車を使って場内の教習に入り、学科と並行していきます。
技能教習は、MT車とAT車とでは、教習時間はMT車が少し多くなります。
一定時間の教習を受けた後、学科試験と技能試験を受けます。
第一段階の学科試験と技能試験に合格すると、仮免許が発行されて、路上教習を行う第二段階に進むことができます。
仮免許の試験に不合格の場合、一時限以上の技能試験を受けて、再試験を受けます。
一定の時間の路上教習を終えると、今度は卒業検定を受けます。
卒業検定は教習で走っていた一般道で行います。
ここで合格すると、卒業証明書が発行されて、自動車学校は卒業となります。
卒業試験に不合格の場合は、2時限以上の補習教習の後、再試験を受けます。
自動車学校を卒業しただけでは、運転免許取得にはならず、後日、免許センターで学科試験と適性試験を受けて、合格すると即日運転免許が交付されます。
自動車学校を卒業しているので、免許センターでは技能試験は免除になります。
なお、自動車学校に行かずに、試験場で技能試験と学科試験を受けることも可能ですが、合格することが難しく一般的な方法ではありません。

車・バイク・機械の色々なハテナを解消します