運転免許の種類と取り方

一口に運転免許と言っても様々なものがあります。
比較的すぐに簡単に取得できるのは原付免許です。
それから運転免許と言うと、私たちが真っ先に頭に浮かぶのは普通免許です。
これを持っていれば、普通自動車はもちろん、小型特殊自動車、原付も運転することができます。
普通免許にはオートマチック限定の免許があり、これを持っている人はオートマチック車以外、運転することができません。
その他にも道路を自動車で走るための運転免許は小型特殊免許、普通二輪免許、大型二輪免許、大型特殊免許、中型免許、大型免許、けん引免許があります。
これらを第一種免許と言います。
免許には第一種免許の他に、バスやタクシーなど、旅客を乗せて運行するための第二種免許があります。
第二種免許の種類は普通第二種免許、中型第二種免許、大型第二種免許、大型特殊第二種免許、けん引第二種免許があります。
営業としての代行運転などで普通乗用車を運転する場合にも、第二種免許が必要です。
仮免許も運転免許の種類に含まれます。
仮免許は、まだ運転免許を取得していない人が、道路を練習や技能試験を受けるために運転するために必ず必要な免許です。
仮免許には普通仮免許、中型仮免許、大型仮免許があります。
運転免許を取得できる年齢は免許の種類によって様々です。
原付免許や大型二輪免許、普通二輪免許は16歳で取得できるので、最初に取得したのがバイクの免許という人も多いです。
普通免許は18歳以上、大型免許は21歳以上で取得できます。
運転免許の取得は、ほとんどの場合、自動車学校に入学して、学科や技能の教習を受け、卒業してから免許センターで適性検査と学科試験を受けて、合格すれば運転免許証が交付されます。
ある程度の日数と費用が必要な自動車学校ですが、比較的短い日数で、リーズナブルな費用で、旅行も兼ねて自動車学校を卒業できるという「合宿免許」が、若い人の間で人気です。
合宿では一日中、免許取得のための学習に費やすことができるために、短い日数での卒業が可能となります。